icon_menu arw freedial house blog

有限会社 宇部保険サービス

0120-58-1293 資料請求・お問合せ 営業時間 9:00~18:00(日・祝休)
夜間休日事故受付:0120-119-110(東京海上日動)

2020.07.27

回天記念館へ小旅行

カテゴリー:雑記「スタッフの日々思うこと」, 林猛志

林です!

若干の戦時オタクの自分が、地元に居ながら訪れたことのなかった、大津島の回天記念館に初めて行ってきました。

まずは、コロナ対策としてマスクと消毒液持参しました。
IMG_3326

久々に宇部線、山陽本線(山陽本線は何年ぶりかな?)を乗り継いで出かけました。
徳山駅で下車です。
IMG_3303

徳山港からは大津島行きのフェリーに乗船。馬島までの44分の船旅です。
電車も船も人はまばらでソーシャルデイスタンスは保たれていました。
IMG_3304

港から、まずは回天記念館を目指します。歩いて10分。途中に当時の建造物が残っていました。
IMG_3318
IMG_3317

回天とは太平洋戦争時に製造された特攻兵器、人間魚雷のことです。
「天を回らし戦局を逆転する」という願いが込められて製造されたそうです。
全長は14.75m、胴体の直径は1m。1人乗りで敵艦隊めがけて操縦し、たとえ外れても回収されることが無かったそうです。
つまり、出撃したら絶対に帰って来られなかったということですね。
日本の劣勢だった戦局を変える為、また故郷、家族、愛する人の為に死を覚悟して20歳ぐらいの若者が出撃していったのです。
IMG_3310
IMG_3308

記念館の中には、搭乗者、整備員含め145名の戦没者の遺影、当時の状況を再現したジオラマや隊員の遺書、手紙、生き残った方の当時の様子が伺える証言ビデオの上映等があります。
その後回天の発射台跡地を見学しました。75年以上前のコンクリートの建造物が残っていました。
IMG_3314

平和な現在では到底考えられない事が、この大津島で行われていたのです。
戦時中の日本で実際に何が起きていたのか、後世に伝えていかなければいけないと思いました。

その後フェリーで大津島を後にして徳山港へ。
遅めのランチをこちらで頂きました。
周南市の老舗の洋食屋さんです。
(お店の入り口には消毒液が置いてありました。)
IMG_3320
美味しかったです。

ちょっとした小旅行でした。