icon_menu arw freedial house blog

有限会社 宇部保険サービス

0120-58-1293 資料請求・お問合せ 営業時間 9:00~18:00(日・祝休)
夜間休日事故受付:0120-119-110(東京海上日動)

2017.07.10

過失が無いことを証明するのも実は難しい

カテゴリー:石丸直樹

3e74a83f8652e561a23698ab91ba9ac3_m

先日このような事故がありました。

弊社契約者様が幹線道路の交差点を青信号で直進中、突然横から来た車と接触しました。相手は赤信号を無視して突っ込んできたのです。当然、相手が100%支払い対応すべき案件です。ですが、こともあろうか相手は、警察の現場検証中に「赤ではなかった、青だった」と言い出したのです。現場で目が点になる案件ですが、実はよくあることです。無視した本人は、よく見てないからこそ無視しているケースが多く、「青だったか、赤だったか」と警察から聞かれると「たぶん青だったと思うんだけど」といった返事になってしまうのです。今回の事故は目撃者がおらず、ドライブレコーダーもついていなかったため非常に難航する案件だったのですが、たまたまコンビニの駐車場を撮影する防犯カメラが交差点側を向いており、その場で確認させていただき、それに映っていたため契約者様に非がないことを証明できました。

自分に過失がない(責任がない=相手がすべて弁償してくる)事故の代表的なものとして、「追突された」「駐車場で停まっているところをぶつけられた」「赤信号無視で突っ込んできてぶつかった」「センターラインオーバーでぶつかってきた」などがあります。

こういった事故の場合、相手が認めればすんなり示談が成立し、スピーディーに事故解決するのですが、相手が認めない場合が問題です。また、現場で別れて後日、示談交渉する際に主張をひっくり返す(やっぱり青だったと言い出す)人もいます。

その場に居合わせた方を引き留めて「証言してください!」とお願いするのも実際は難しいものです。そんな時、ドライブレコーダーが非常に有効となりますので、ぜひ検討してみて下さいね。