icon_menu arw freedial house blog

有限会社 宇部保険サービス

0120-58-1293 資料請求・お問合せ 営業時間 9:00~18:00(日・祝休)
夜間休日事故受付:0120-119-110(東京海上日動)

2010.04.05

教育費、いったいいくらかかるの?

カテゴリー:~家計見直し~

こんにちは。石丸直樹です。
今日は教育費について書きたいと思います。
みなさんは我が子の教育費についてどのようにお考えですか?
我が家にも昨年、第一子が生まれました。
計画的に教育資金を貯めていかなければなりません。

20代・30代の子育て世代の方からも
『教育費ってどれくらいかかるの?』
といった相談が多く寄せられます。

そこで、今日は我が家の教育費を計算してみます。
私石丸直樹は現在30歳、妻は31歳、子供は現在0歳です。
親が希望する我が子の進路は
公立幼稚園⇒公立小学校⇒公立中学校⇒公立高校⇒国立大学(一人暮らし)
(親の期待を一身に背負う子供大変やなぁ~(;^_^A)

計算には
文部科学省の平成18年度「子どもの学習費調査」
日本学生支援機構 平成18年度 「学生生活調査」
を参照しました。

まずは、結論から。
子供一人にかかる教育費は
トータルで約1285万円。

内訳は幼稚園が2年間で約50万円
小学校が6年間で約200万円
中学校が3年間で約140万円
高校が3年間で約155万円
大学が4年間で約740万円です。
やはり、大学進学の前にはまとまった資金を用意しておく必要がありそうです。

教育資金のつくり方が分からない・・・・
積み立てをしたいけど家計に余裕がない・・・

このような家計の悩みを解決するのが
FP(ファイナンシャルプランナー)の使命です。